スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別企画・RAWセッション!! 第2弾

ひさびさのRAWセッションです。
『同じ写真のRAWデータを元にして、二人が(複数人が)RAW現像しあって、仕上がりの違いを楽しむ』という、連歌的な風流プレイ。
今回お相手してくれたのは、かいちさん。
ちなみに今回はお互い持ってるカメラもトレードして撮影してみました。

お題写真はコチラの6枚。
上段がかいち氏撮影の3枚(Nikon D800)。
下段がワタシ撮影の3枚(PENTAX 645D)。
この元画像はRAWをLightroomに放り込んだだけの現像する前の状態です。

(この画像含め、記事内画像すべてクリックで拡大。ブログアップロード用なので画質は悪い)
両者とも使用ソフトはLightroom。

───────────────────────
《1》いけばなディスプレイ(かいち撮影)
いけばな教室のディスプレイのくせに美意識を全然感じない。

▼小林現像

元のディスプレイがダサいので美的な意味で印象を強めたい。いじってたらレトロ感でた。ガラスに自分が映ってるのがムカつくのもあって(?)ニセ光線漏れみたいなのも加えてやった。奥のアンチンボルドの絵もよく見えますでしょ。

▼かいち現像

元の印象を変えないまま、明るくして黄色い光の印象を強めて元写真(=その状況)の美点をそのまま引き出した感じの、王道真面目良現像です。ちょっとホワッとしてる感じもあって、ガラスに囲まれたショーウィンドウ内はホワッと暖かいんだろうなーなんてそんなことを感じさせます。

───────────────────────
《2》公園の子供(かいち撮影)
コレが一番難しかった気もする。なんだよこれ。

▼小林現像

黄色いレインコート?の子供が写ってますでしょ。ホラー映画「IT イット」にも黄色いレインコートのこどもが出てくるみたいなので、最初はダークなイメージにしようかと思ったんだけど、うまくいかなかったので明るめ方面にした。まあこんな感じかって感じ。

▼かいち現像

シャドウは補正して見やすくしてあるけど、それ以外はわりと元どおりって感じする。全体がちょっと青くて寒そう。かいち氏の写真はコントラストが弱いな。

───────────────────────
《3》葉っぱ持ってるオレ(かいち撮影)
自分が写っちゃってる写真は総じて嫌いなんだけど、お題で提出されたんだから仕方ない。
元の写真がけっこうちょうどよい塩梅なんですけど、この写真はお互いけっこういじってきました。

▼小林現像

自分は明るい写真が好きなんだね。明るいっつーか光の印象を強める感じの。でも、かいち現像を見てみたら、暗くしてもよかったかなと思ったよ。

▼かいち現像

アンダーにしてきたのね~。不気味な感じっていうか、本当は怖い童謡の世界みたいな。奥の人物を暗くして存在を消すことで主題(我)を引き立たせてるということでありましょうか。

───────────────────────
《4》マイケル(小林撮影)
撮影場所は小石川植物園なんですけど、そこにいたこのネコを、売店のオヤジがマイケルって呼んでた

▼小林現像

ネコ歩きだし、顔も幸せそうな表情なので、単純にわかりやすく明るくしてやろうと思った。結果的にやりすぎてむしろダサくなった感も。現像前が日陰で青くて寒そうだから、黄色方面に補正してちょっとあたたかい感じに。猫がオレンジ色だしその色を出したい。ホワッツマイケル。

▼かいち現像

露出とWBを多少整えたぐらいの感じでしょうか。企画の空気を読んでもっとイジってほしいんですけど、そのへん堅物だな。

───────────────────────
《5》山茶花?(小林撮影)
これもね、難しい写真で時間かかったんだけど。

▼小林現像

元写真がシャドウにより花のディテールとか、花&葉の色がでてないので、それは当然直すよね。葉っぱとその隙間のボコボコ感がおもしろいので強調。冬の冷たい感じも残してあるよ。

▼かいち現像

だいぶ明るくなった。コントラストは低めでやさしい光の印象。ぼくの写真よりは暖かそうな雰囲気です。

───────────────────────
《6》鳥居とかいち(小林撮影)
これは木漏れ日がきれいになりそうだったんで、方向性はわかりやすい。

▼小林現像

時代はインスタ映えなので単純に明るくキレイにした。木漏れ日が明るくなるように、グリーンがきれいになるように、かつグリーングリーンしすぎないようにイエロー味のやさしさも出す。

▼かいち現像

アンバー調なのでレトロ感もあるかな。落ち着いた雰囲気で良いかも。
───────────────────────

いかがでしたでしょうか。
かいち、、、、企画の空気を読まないクソ真面目野郎ですよ。

かいち氏にインタビューしてみますと、彼は銀塩写真もやる人間なので、そこでの経験というか、ニュートラルな色をちゃんと出すカラープリントを教わったみたいで、それが身についてるのか知りませんけど「ニュートラルな色の出し方」を基準とする意識が根付いているようで、デジタルのRAW現像でもそんなにいじらないようで、むしろ、よくこの企画に参加しようと思ったな!という感じもありますけれど、これもまた個性で、彼の真面目そうな性格がよく出ています。
現実主義的な世界の捉え方といいましょうか、自分は外的現実に忠実であるよりは、自分の内的イメージに寄せるという方向性にいくので、いい意味で対照的なセッションだったのではないかと。

ちなみに今回借りたペンタックス645Dという中判デジタルカメラ、の、データなんですけど、今回は使いませんでしたけど、「地面に敷き詰められた落ち葉」みたいなのを撮った写真だとたいへん詳細に写り、そのへんはさすがだなという印象。ただ、暗部が潰れ気味だとそれを補正する耐性というかデータ粘り具合はちょっと弱いように感じました(自分の持っているD800比)。きっかり適正で撮る必要がありそう(そのくせにプレビューを確認するには10秒ぐらいかかる)。

そんなわけで、
同じ写真を元にするからこそ、各々の個性が出るし、その比較によって
「自分はどういう人間か」
がよくわかるのがRAWセッションの面白いところです。

ニンゲンっておもしろい。

ちなみに前回のRAWセッションの様子はコチラ!
スポンサーサイト

わかる


“”

“”

“”

“”

“”

“”

“”

“”

“”

11月1日だったか、2日だったか、ほとんど昏睡状態だったのに、急に目を開いて「あー」と言った。
そうか、父の最期の言葉は「あー」なのか。
無意味な言葉だけど、この先、折に触れていろんな意味で解釈できるから豊かだ。

うみ


なにもくっついてない方がいいっす

“海”



untitled

untitled

untitled

untitled


Petite Blythe


花と人形(あるいは女子)。
これ以上何を望むというのか。

“”





Blythe -Bloomy Bloomsbury-
[Bloomy Bloomsbury ]

近所


写真始めたばかりの頃に撮ったような写真を撮った気になった。

“植物”

untitled.

untitled.

untitled.

untitled.

untitled.

untitled.

untitled.

昔の自分は何を考えながら撮っていたのか5000字インタビューしたい。

Petite Blythe


“”

Petite Blythe [bloomy bloomsbury]

Petite Blythe [bloomy bloomsbury]

Petite Blythe [bloomy bloomsbury]

─ Bloomy Bloomsbury ─

Blythe - Lady Camellia


ブライスのレディカメリアってやつです。日本の風景に置いて撮るとなると和風のがいいかなーと思って選んだ。黒髪が素敵よ。Japan Beautyよ。

“ブライス_レディカメリア”

Lady camellia

Lady camellia

Lady camellia

Lady Camellia


毎度のことですけど桜撮ってるとテンションが下がってきます。見てるだけなら気分いいんですが。

“桜”



sakura

sakura

sakura

sakura

sakura

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。