スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪イヌジマ


上の4枚は光が丘公園で撮ったやつ。光が丘公園ってなんかフィクションに出てくる架空の名前みたいだな。

“妖怪イヌジマ”



妖怪イヌジマ

妖怪イヌジマ

妖怪イヌジマ


リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん制作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私は3体の里親です。

スポンサーサイト

妖怪イヌジマ


最近のイヌジマは、目の形とか数が複雑化してきて、
言わば”キラキラ”しているな、と、
古い人間としては感じます。ははは。
“”





ところで、皆さん。
たぶん今、→→→こっちのカラムの上の方に、写真展の告知が表示されていると思います。
そうです、私も参加しているのです。
ちな、表示されてるDMの写真は私のものです。
来てね。

渡部さとる主宰・ワークショップ2B 42,43,45期 有志写真展
『sense(s)』
渋谷 ギャラリールデコにて
2015.11.3(火) - 8(日)
11:00 - 19:00(最終日は17:00まで)

全部で11人参加。
同時期にワークショップ2B修了展も同じルデコにて開催しとります。
つまり、この時期に来ると、たくさん見れてお得。
どうぞよろしく。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん制作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私は3体の里親です。

妖怪イヌジマ








イヌジマが”写ってる”写真は千数百枚あるけど、ちゃんとした(レートの高い)人に見せられるような写真は150枚ぐらいしかない。
300枚ぐらいないと「撮ってます」と言えないんじゃないかと最近思ってる。数字に根拠は無い。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さんによるアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私は3体の里親です。

紫陽花


“妖怪イヌジマと紫陽花”

“妖怪イヌジマと紫陽花”

“妖怪イヌジマと紫陽花”

“妖怪イヌジマと紫陽花”

“妖怪イヌジマと紫陽花”

妖怪イヌジマと紫陽花は相性がいい気がする。
どちらもちょっと薄暗くてジメッとしたところが似合うとこと、カタチが丸いところ。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私はただの里親です。


妖怪イヌジマ


“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私はただの里親です。


妖怪イヌジマ


“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

ゲラゲラポー。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私はただの里親です。


妖怪の写真とRAWの撮れ高の話。

“妖怪イヌジマと紫陽花”

JPEG撮影で得られる画像は、RAW撮影でも得ることができる。
しかし、RAW撮影で得られる画像のすべてを、JPEG撮影で得ることはできない。
理由は、カメラ内のピクチャースタイルの調整パラーメーターよりも、現像ソフトの調整パラーメーターの方が多岐で複雑であることと、RAWデータの方が情報量が多く画質の劣化によりダメになる写真が少ないためだ。
つまり、RAW撮影の方がJPEG撮影よりも、必然的に「撮れ高」が増える。
なのでJPEG撮影をしている人が、RAW撮影に切り替えたとしても、「下手」になることは原理的にあり得ない。
わざわざ撮れ高の少ない方のイバラの道を歩く必要はないだろう。
格闘技で例えると、「総合格闘技なのにパンチだけで戦おうとして膝蹴りを出せば勝てた試合を取りこぼす」ようなイメージ。
―――――――――
リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私はただの里親です。

引き出し


*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.5.1
“妖怪イヌジマ”

ふたたび。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。

椿と藤


*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.5.1
“”

“”

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。

花のベッドで

*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.5.1
“妖怪イヌジマと花”

写欲が落ちてるときでもイヌジマなら撮りやすい。
連れて出かけさえすれば、無限に撮れそう。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。

ナルキッソス

*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.5.1
“”


リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。


妖怪イヌジマ - 昭和記念公園

*Hasselblad 503CX:Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8:ポートラ160/GT-X970で無補正フィルムスキャン/Apertureで‘現像’
“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

“妖怪イヌジマ”

ハッセルブラッドで撮ったフィルム写真だけど写真屋でデータ化してもらうわけでもなく、手焼きするわけでもなく、自分でフィルムスキャンしている。難しいけどキレイに仕上がってくれさえすれば快感がある。フィルムスキャンからの仕上げのやり方も今回より微妙に変えて色が今までよりマシになった、というか今までが間違ってた(泣)。なので過去の写真を仕上げ直したいぐらいだ。

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。


*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.4.5
“竹と妖怪イヌジマ

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。


イヌジマ、犬島の石巡りをする - 「モエレ沼公園」

あらためて説明しますが、妖怪イヌジマは岡山県・犬島で産まれた妖怪。
その犬島はよい花崗岩の産地らしくて、その石を利用した鳥居等の建造物が日本各地にあります。
そこへ妖怪イヌジマちゃんを連れて行く行為が「石巡り」でございます。
今回は、北海道はモエレ沼公園へと行って参りました。

花崗岩が使われているのはモエレ沼公園の中の、プレイマウンテンというところです。
写真の石段が花崗岩ってことですね。
モエレ沼公園はイサム・ノグチさんが設計したアート的な公園です。
なのでトイレとかもアートです。「なんだこの建造物は」と思って近づいたらトイレです。
*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.4.5
“妖怪イヌジマ石巡り”/モエレ沼公園

“妖怪イヌジマ石巡り”/モエレ沼公園

“妖怪イヌジマ石巡り”/モエレ沼公園

“妖怪イヌジマ石巡り”/モエレ沼公園

リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のプロジェクトアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
※私はただの里親です。BCCKS版は許可を得て制作させて頂いております。

彼岸花

*Nikon D800E:AF-S Nikkor 50mm F1.8G:Aperture3.4.5
彼岸花と妖怪イヌジマ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。