スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪の写真とRAWの撮れ高の話。

“妖怪イヌジマと紫陽花”

JPEG撮影で得られる画像は、RAW撮影でも得ることができる。
しかし、RAW撮影で得られる画像のすべてを、JPEG撮影で得ることはできない。
理由は、カメラ内のピクチャースタイルの調整パラーメーターよりも、現像ソフトの調整パラーメーターの方が多岐で複雑であることと、RAWデータの方が情報量が多く画質の劣化によりダメになる写真が少ないためだ。
つまり、RAW撮影の方がJPEG撮影よりも、必然的に「撮れ高」が増える。
なのでJPEG撮影をしている人が、RAW撮影に切り替えたとしても、「下手」になることは原理的にあり得ない。
わざわざ撮れ高の少ない方のイバラの道を歩く必要はないだろう。
格闘技で例えると、「総合格闘技なのにパンチだけで戦おうとして膝蹴りを出せば勝てた試合を取りこぼす」ようなイメージ。
―――――――――
リンク:妖怪イヌジマ公式サイト
妖怪イヌジマは石井葉子さん製作のアート作品です。詳しくは公式サイトをご覧ください。私はただの里親です。

comment

name
e-mail
URL
title
comment
pass  *
secret? (管理者にだけ表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。