スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原ウォーランド[5]ポートレート/浅野祥雲三大聖地巡礼


“関ヶ原ウォーランド/浅野祥雲聖地巡礼”

“関ヶ原ウォーランド/浅野祥雲聖地巡礼”

“関ヶ原ウォーランド/浅野祥雲聖地巡礼”

“関ヶ原ウォーランド/浅野祥雲聖地巡礼”
竹野内豊。

“関ヶ原ウォーランド/浅野祥雲聖地巡礼”

今回で浅野祥雲写真の記事はひとまず終わり。
機会があれば浅野祥雲の細かいスポットも行ってみたいけど、まあいつでもいい。
三大聖地の中では五色園が一番おもしろいのでどこか一カ所行きたいというのであれば五色園を勧めるけど、敷地が広大で像の場所がわかりにくいので(像探しが面白いんだけど)ある程度のモチベーションが必要。
ささっと見やすいのはウォーランド。自分は歴史の知識がまったく無いので合戦資料館&テーマパークとしてのウォーランドの価値がどのくらいなのかはよくわからない。
浅野祥雲で画像検索するといろんなコンクリ像の画像が出てくるけど、ペンキの剥がれ具合、色褪せ具合がいろいろで、たまに塗り直しもされるようなので、樹木の葉っぱのごとく、時期によって同じ像でも新品に見えたり、古ぼけて見えたりいろんな表情が楽しめるので、そこもまた鑑賞の楽しみのひとつか。

コンクリ像の話題になるとタイの地獄寺の話が出てくることがある。
海外旅行に興味は無いけど、ちょっとは行ってみたい。
テーマが浅野祥雲作品と違って破滅的で像の量が多そうなので、たぶん撮っていたら「もういいや」ってなりそう。

comment

name
e-mail
URL
title
comment
pass  *
secret? (管理者にだけ表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。